食事などからの補給

食事などからの補給

多くの現代人は、ストレスにさらされ、時間や経済的な制約のため食事も偏り、運動不足にもなりがちで、とても健康とはいい難い状態です。そんな現代人の心強い味方となってくれるのが、健康補助食品(サプリメント)です。普段の食生活では不足になりがちな栄養素だけを選んで、しかも手軽に補うことができるので、長期的に利用できます。例えばコエンザイムQ lOの場合、自然の食物に含まれる量はごく少量。 一日に必要な量を摂取するには、ブロッコリーなら十数kg食べなくてはなりません。そんなことは現実的には不可能です。それを可能にするのがサプリメントなのです。、それは別途に添加された成分やカプセル素材など、コエンザイムQ lO以外の成分によるものです。コエンザイムQ lO自身はあくまでも無味無臭です。他に脂溶性、熱や日光に弱いという特徴を持っています。コエンザイムQlOには、酸化型と還元型の2種類ありますが、サプリメントになっているのは、オレンジ色の物質である酸化型です。これが体内に入って小腸で吸収されると、無色の還元型コエンザイムQ lOに変化します。変化したコエンザイムQ lOは強い抗酸化力を発揮するようになります。

 

本当です。体内のコエンザイムQ lOの量は、食事などからの補給と自らの生合成で保たれています。ところがコエンザイムQl0を体内で作り出す能力は、20歳を頂点に低下し始めます。その結果、モ不ルギーの生産効率は下がり、活性酸素の害も防げなくなります。加齢だけでも減少は免れないのに、極端な偏食など栄養摂取のバランスが崩れると、さらに生産能力が低下します。また、肥満や高血圧症、激しい運動などは体内のコエンザイムQ lOを著しく消費しますので、短期間で減少してしまいます。もちろん、がんなどの大病も、生産能力を低下させて消費する一方なので、コエンザイムQlOの量は減少します。体のバランスが崩れている時こそ、コエンザイムQlOの補給が重要です。


このページの先頭へ戻る