大豆イソフラボンの肌への効果

大豆イソフラボン

″畑の肉″などといわれているように、大豆は良質なタンパク質に富んだ食品です。それも、体内で作られないために食べ物として摂らなければならない必須アミノ酸、特にリジンを多く含むすぐれたタンパク質です。アミノ酸といえば、納豆のうまみを作り出すモトにもなっていますが、この豊富なタンパク質をはじめ大豆の栄養分をそっくりいただき、体に有効な働きを受け継いでいるのが納豆です。たとえば、血液サラサラの効用です。大豆のタンパク質やレシチン、リノール酸、サポエンなどが血中のコレステロールを低下させることは、豆乳のほうでもお話しがあったはずです。血液をサラサラにするレシチンには、脳の働きを活発にする作用もあって、頭の回転をよくしたり、痴呆を予防したりするという効用も分かっています。また、大豆イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きをし、更年期障害の諸症状や、生理不順などを軽減したり、骨粗しょう症の予防などにも効果があります。

 

この大豆イソフラボンが肌に働くと、体毛の成長にも関わってくることは″豆乳ローション″の説明をご覧ください。また、イソフラボンは″若返りのビタミン″であるビタミンEとともに、肌を若々しく保つ働きもしてくれます。大豆のよさは、まだまだたくさんありますが、このくらいにしておきましょう。納豆は、そうした大豆の力を十分に活かしながら、納豆独自の働きもするという、並外れた働き者なのです。たとえば、納豆のナットウキナーゼは、血栓を溶かして血流をよくする働きをすることが分かっています。今、ちょっとだけ触れた骨粗しょう症の予防ということでは、納豆菌が作り出すビタミンK2の力も見逃せません。また、大豆の持つ脳の活性化、老化防止の力をさらに強力にしたり、ガンを防はちめんろっびいだり…etc.体内に取り込まれた納豆は、まさに入面六腎の大活躍で、私たちの体を元気にしてくれています。

 

 

糸引き納豆が作られるようになったのは、大豆栽培が行われるようになった弥生時代だろうという説もあります。昔からずつと私たち日本人に欠かせない大事な食べ物であったことは間違いありません。昔の人が納豆の効用をどれだけ意識していたのかは知りませんが、体によいということは、日頃の生活の中できっと分かっていたはずです。そんなことは気にせずとも、ご飯との相性は抜群、ただおいしいから食べる、というのもよいですし、また、納豆の力を一緒にかみしめながら食べるのもよいでしょう。どんな人にも、納豆パワーは強い味方なのです。


このページの先頭へ戻る